マッサージで忘れそうなのは・・・

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルでマッサージしている時に気をつけないとマッサージを忘れてしまう顔の場所があります。

 

「マッサージを忘れてしまう」というより「ジェルを塗るのを忘れてしまう」と言う方が正しいでしょう。

 

軽く考えがちですが、ジェルを塗り忘れるとその部分はシミができるリスクが高まることになってしまいます。

 

乾燥した肌は、潤いのある肌に比べ外刺激に弱くなっていますので、そのためほんの小さな刺激でさえ炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

肌に炎症が起きるとそのダメージを回復しようとメラノサイトが活発に働きだします。

 

このメラノサイトという「シミのもと」を作る場所でもあることから、メラノサイトが活性化することで、メラニンが多く作られることとなるのです。

 

それから「ジェルの塗り忘れ」で肌の乾燥を招いてしまうと炎症を起こし、その結果シミが生成されるリスクが高まるということになります。

 

シミウスジェルでマッサージする時「顔や首の前部分」は意識してジェルを塗っていると思います。

 

ですが、「首の後ろ」「耳の後ろ」「耳の横(もみあげと耳の間)」は、どうですか?「耳の横」を一度、鏡でじっくり見て下さい。

 

シミができていませんか?私ごとになりますが、この部分にシミを見つけた時、かなり凹みました。

 

この部分は死角だったな・・・と。

 

「耳の後ろ」や「首の後ろ」は、自分で見ることは難しい場所にあたります。

 

ですが、髪型にもよりますが他の人からは、しっかり見られる場所になります。

 

それに紫外線にもさらされるので、日焼けしやすい場所でもあります。

 

これらの場所は、ジェルだけではなく日焼け止めクリームなどの塗り忘れや、塗りムラができやすいのです。

 

朝、マッサージして日焼け止めを塗る場合は、忘れない様に注意が必要です。

 

そして、塗り忘れしやすいということは、落とし忘れもしやすいということにもなるので、クレンジングの際は忘れることがない様にしましょう。

 

肌荒れの原因となってしまいますので、化粧品や日焼け止めなども確実に落とすようにしなければなりません。

 

面倒くさいようでも、耳の横や耳の後ろ、そして首の後ろも毎日マッサージすることをお勧めします。

 

時間的には、それほど変わりませんので、ぜひ、シミのない美肌を手に入れるため習慣にしましょう。

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ